2016年11月30日のシュタイン君



11月のシュタイン君はまだこんなでした。
人間怖くて警戒中。


DSC07744.jpg

判ってるんだ、僕を肥やして食うきだろう! お前なんか絶対に慣れてやらないぞ!!!

ふうちゃん通信 2016.Oct.


今月もふうちゃんの里親さんからふうちゃん通信を送って頂きました。

ふうちゃんと妹分のしずくちゃんの仲良し動画です。

[広告] VPS


このおもちゃ、良いですね。

お嬢様達、仲良く楽しく遊んでいます。
うちのねこずもこうならないかなあ・・・。

ブッキーちゃんの最新情報とその他の里親募集


てんてんさんにお任せしたブッキーちゃんの最近の情報です。
保護時の矢印の様な姿から、すっかりふんわり子猫さんになっています。
目は残念ながら見えない様ですが、なんでも超音波を出しているのではないかという程に、
ちゃんと歩き回れるらしいです。

てんてんさんのブログで様子をご覧下さい。


それとぱんとらさんのお知り合いが、子猫を保護して里親募集をしておられます。

banner_lilymama300.jpg

詳細は ほんわか家族 さん で。

おちびさん達に温かい家族を!

保護11日目、ブッキーちゃん、引越しをする


ブッキーちゃんは八王子の保護団体はちねこさんの代表、てんてんさんに預かってもらう事になり、
昨日急遽引き受けて頂きました。


7月22日(金)

体重 午前中400g

ブッキーちゃんは前日、木曜日の帰宅時に柏駅に着く前に一回(これは形のあるうんPで気か付いて対処)、
その後家に着く前にもう一回、軟便~液状をキャリーの中でしてしまい、
前回よりはましですが、おちりや足がうんPまみれ。
またお風呂で疲れてねてばかりでした。

そして金曜日。 フードが前日からスペシフィックのFRWとサンプルでヒルズのw/dドライになり、
ドライはまだ食べにくそうだし、FRWだけだと栄養・カロリー不足がどうしても気にり、ちょうど職場近くに動物病院があるので、そこに療法食だけ買いに行きました。
しかし療法食は診察しないと出せないという事で、待っている人もいなかったし、フードや目の事でセカンドオピニオンも欲しかったので、期待しない軽い気持ちで診察してもらいました。

フードはその先生も、まずはお腹を落ち着かせる為なので、同じ物で良いと思うとの事。
目は厳しい状況だけど、小さ過ぎてまだなにもできないので、まずは体力をつける事。
薬や処置は最初から見ている先生でないとできないと言われました。
ただ、目はウイルス性かもしれないので、自分なら抗ウイルス剤を処方するだろうが・・・と、
また月齢にしては(見た目と違い1ヶ月以上にはなっていると思うと)小さすぎるので、
今は兎に角体力をつける事が第一で、同伴出勤で連れ歩くのも小さい体にはストレスになるから、
できればちゃんと面倒をみられる人に預けた方が良いといわれました。

私が受けた印象としては、目だけでなく体力的にも厳しいと言われた様に思いました。

ちょうど昨日の朝に、はちねこのてんてんさんとまめはなのクーさんから、仕事をしながら面倒を看るのは大変だろうから、良ければはちねこさんで預かってもらったらという、お申し出がありました。
私としては来週になれば仕事も落ち着くし、ブッキーちゃんの体重も500gを超えるだろうから、その時点で考えようかと、病院に行く前は思っていました。

また、ぱんとらさんのお知り合いのwadaさんからも、セカンドオピニオンの病院を紹介されていて、
今の病院が悪い訳ではいのですが、目の状態が最初より悪くなっている様なので、他の病院で看てもらいたいという希望がありました。
wadaさん、色々とご心配ありがとうございました。 今回はこういう事になりましたが、また何かありましたらよろしくお願い致します。 って、子猫を拾うのはもう勘弁ですが。


そんなこんなで、来週まで待たずにはちねこさんに預けて、出来るだけ早くあちらの病院で看てもらった方が良いのではと思っていた、昨日の午後。
お腹空かせて箱のなかで暴れるブッキーちゃんをみたら、左目が真っ赤! 血の塊で目が覆われていました!!!
直ぐに午前中に看て貰った病院に連れて行こうかと思いましたが、夕方まで昼休み。
プチパニックになりてんてんさんに電話して相談し、その日のうちに受け入れてくれるとなりましたが、
生憎と仕事の約束があったので、夜遅くなってしまう・・・。
でも7時前までに職場に戻れば、来客に間に合う。 その時点で3時半ごろ。

急な事でしたが、てんてんさんが都心まで受け取りに来てくださるという言葉に甘えて、
東京駅で待ち合わせをして、ブッキーちゃんをてんてんさんにお預けしました。
余りに急なお願いだったのに、即受けて下さり、本当に感謝です! 

という事で、ブッキーちゃんはてんてんさんの所で保護して頂き、昨日即病院に連れていって下さいました。

以下はてんてんさんからのメールで頂いた、先方の病院の見立てです。


引用


院長先生の診断の結果
左目は治らないでしょう
右目も進行しています

ウイルス感染に加え細菌感染してしまい眼球が変形してしまったようです

それでも抗生剤と抗ウイルス薬の飲み薬を調整してもらったので投薬開始しました
目薬は何を使っていたのかわからなかったので、抗生剤ベストロンと眼球保護のヒアレインを併用します
ステロイドの軟膏については明日聞いてきます

出血はちょっと刺激しただけで出血しますが、すぐ止まるから心配ないとのことです

フードですが、やはり栄養価の高いものを与えるようにとのことでした
ウンチは柔らかいどころか、コロコロで固いです

引用終わり

可愛そうに、目までウエットをつけて食べていたのを、私が綺麗に拭ききれなかったので、
右目まで悪化させてしまったのでしょう。
キャリーでの運び方も、落ち着くように全身をタオルで覆うそうですが、
中でうんPをされるので、最初は湯たんぽやフリースを入れていたのですが、
ここ2日位はゆたんぽもフリースもやめていました。
やはりまだ小さい体力のない子猫は、知識の有る無しが大きな要素になりますね。

ブッキーちゃん、ごめんね。
てんてんさん、よろしくお願いします。

という事で、その後の事は
てんてんさんのブログをご覧下さい。

おれ!みけお!

応援アドバイスありがとうございました。

ブッキーちゃん、保護9日、10日目


7月20日(水) 保護9日目

仕事で午後から外出したので、7時間程度留守番。
1日良く寝ていました。

それより火曜日の帰りにも、駅に着く前にキャリーの中でうんPされ、
上からペットシートで蓋して、キャリーもブッキーちゃんも汚れずに済みましたが、
どうもキャリーの揺れで刺激されている様な・・・。 困ります。 


7月21日(木) 保護10日目

体重 390g。
朝、病院で検便と検診。 寄生虫は検出されませんでしたが、念のため、もう一度駆虫剤の飲ませて、
来週もう一回検便します。
目は左目が穿孔していて、多分治らないし見えないだろうとの事。
右目は結膜の癒着で、これも良くなるか判らないし、手術は逆に目を傷める可能性が高いので、
出来ないだろうとの事でした。
ただこれ以上悪くならない様に、抗生物質とステロイドの今使っている軟膏を続けます。
来週の検診までに少しでも良い方に変ると良いのですが・・。

今日からは病院ももらったカリカリのサンプルを、FRWのウエットに混ぜて食べさせています。
両方ともお腹の緩い猫向けの繊維の多いフードなので、子猫にこれだけで良いのかがちょっと不安。
病院ではこれで充分だと言われたのですが・・。

ブッキーちゃん自体はとても元気。
職場のワンルーム箱からは出せ出せ攻撃が激しいです。

[広告] VPS



さて、帰りのキャリーでまたうんPかなあ・・・。 

里親募集カウンター

プロフィール

Author:REI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる